ウェビナー(ウェブセミナー)開催をフルサポート!
撮影機材等もご用意いたします。

お問い合わせはこちら
  

ウェビナーの導入をお考えの方へ

ウェビナー
(ウェブセミナー)とは?

ウェブとセミナーを合わせてできた言葉(オンラインセミナーとも言います)
インターネットを通し、セミナーや講演会、講義、研修、会社説明会、製品紹介、そして会議などを行います。

視聴者は、PC、スマホ、タブレットなどの機器にて視聴可能。
時間や場所を選ばずに実施できます。

ウェビナー

ウェビナーパッケージプランのご案内

講師の方お一人の際にお勧めのプランです。
ティーケーピーでは、お客様のご要望にあわせたウェビナー開催に対応いたします。

撮影・配信機材配信スタジオ台本その他サポート

ウェビナーパッケージプラン

517,000~(※税別)

※ 講師または司会(座長)が会場にお越しになる場合にご利用いただけます。

※ オプションは別途費用がかかります。

プランの詳細はこちら

全体ワークフローイメージ

STEP1

配信日・
機材チェック日
調整と決定

STEP 1

講演者様・主催者様・TKP担当者が講演配信候補日・機材チェック日をすり合わせます。

▲

STEP2

お打ち合わせ

STEP 3

TKPの担当者が案件の詳細(講演者情報など)をヒアリングします。

▲

STEP3

お見積りご提出&発注確定

STEP 4

TKPより見積もり書をお客様にご提出します。見積もり金額に合意し、ご利用確定後ウェビナー準備へ進みます。

▲

STEP4

事前準備・制作関連
オプション機材発送

STEP 5

各種資料の作成や配信ツールの設定・スタッフのアサインを行います。また、お申し込みいただいた必要なオプション機材を発送いたします。

※開催日の2週間前からキャンセルポリシー適用

▲

STEP5

事前機材チェック

STEP 6

事前にご指定いただいた「機材チェック日」になりましたら、講演者とスタッフがリモートにて機材チェックを行います。

※ZoomのURLの案内はスタッフよりご担当者様にお送りさせていただきます。

▲

STEP6

配信本番サポート

STEP 7

LIVE配信当日の進行をスタッフがサポートいたします。配信本番前に1時間程度最終リハーサルを実施いたします。

▲

STEP7

事後データのご提出

STEP 8

講演終了後、講演アーカイブ動画をmp4形式、参加者視聴ログはCSV形式にてご提出させていただきます。

※データは納品後に削除されます。

配信機材構成

配信機材

スタッフについて

配信エンジニアが機材・配信管理、オンライン進行ディレクターがオンラインの講演者の管理を行います。
ウェビナーの代行業務はティーケーピーにお任せください。

※会場にお越しになる講師のサポートが必要な場合は別途オプションにて「進行ディレクター(講演者サポート)」をお申し込み下さい。

スタッフ

ウェビナー機能比較表

# zoom推奨ツール webex microsoftteams
アンケート ツール内投票機能もしくは
ツール内アンケート機能もしくは
外部アンケートURL(Google Form)
へ遷移可能
ツール内投票機能もしくは
外部アンケートURL(Google Form)
へ遷移可能
Microsoft Forms もしくは
Google Form にて可能
講演者・参加者間チャット 可能 可能 可能
PC画面共有 可能 可能 可能
視聴画面の講演者表示人数 講演者全員 / 講演者1名 講演者全員 講演者1名のみ
画面収録(レコーディング) 可能 可能 可能
登録フォーム作成 可能 可能 不可
※URLの共有のみで集客が必要
招待メール配信 可能 可能 不可
配信ログ取得 誰が/入退出時間/視聴時間 誰が/入退出時間/視聴時間 不可
※参加者のMicrosoft アカウントが必要
参加者情報の抽出 可能 可能 可能
セキュリティ エンドツーエンドの通信暗号化
通信が経由するデータセンターを選択可能
データセンターにて24時間セキュリティ管理を実施
エンドツーエンドの通信暗号化
Microsoft 365 サービスと同様のセキュリティレベル
IETF標準に準拠し、通信を全て暗号化

推奨配信ツールについて

配信ツールにご指定がない場合は、Zoomを配信ツールとさせていただきます。
Webexと比べて最大開催人数が多くインタラクティブな機能も多い点で優れています。
また、Teamsと比べて事前登録フォーム・メール配信による登録管理が可能な点と、配信ログが抽出できることで営業活動へ繋がる点で優れています。

以上のポイントから、弊社ではZoomを推奨配信ツールとさせていただいています。

機材

オプション

【機材オプション】- 講演者用PCオプションプラン内容
講演者用PC
(インカメラ付き/配信ツールインストール済み)
講演者(司会含む)が講演用PCをお持ち込みされない場合、申込みは必須です。
遠隔で講演する方用にこの機材を郵送する場合は、本番前の週にスタッフが「事前機材チェック」をリモートで行います。最大1H。
(PCの立ち上げ方法・配信ツールの使い方などをご指示させていただきます。)
【機材オプション】- 講演者用周辺機材セットオプションプラン内容
講演用周辺機材講演者(司会含む)人数分のお申し込みを推奨いたします。
WEBカメラ(講演者 / 座長投影用)PCインカメラよりも鮮明な講演者映像収録が可能です。
ヘッドセットマイクPC内蔵のマイクよりもクリアな音声収録が可能で、ハウリングが発生しません。
講演者用返しスピーカー講演者(または座長/司会者)が配信中の音声を聞くことができます。
講演者/座長用返しモニター講演者(または座長/司会者)が配信中の映像を確認できます。
講演時のPPTスクリプト(発表者ツール)の確認が可能となります。
※返しモニターなしでPPTの発表者ツールを使用すると、発表者ツール画面(スクリプト)が配信映像に投影されてしまいます。
機材送料※実費精算となります。
【機材オプション】- カメラオプション (引き映像用)オプションプラン内容
引き映像用カメラ機材
(複数の講演者全体映像を撮影・配信)
講演者が会場に複数名にいる場合(ディスカッションなどある場合)引きの映像を撮影
ドームカメラ講演者が複数名いる場合、講演者全員が映るよう引きの映像を撮影・放映します。
三脚ドームカメラを自立定点固定させるために必要な機材となります。
コントローラー遠隔でカメラを操作するために必要なコントローラーとなります。
配信用PCメイン会場(ホスト会場)以外にカメラを設置する場合に必要となる項目です。
ビデオキャプチャーボードメイン会場(ホスト会場)以外にカメラを設置する場合に必要となる項目です。
カメラ用スタッフメイン会場(ホスト会場)以外にカメラを設置する場合に必要となる項目です。
カメラ用スタッフ交通費※実費精算となります。
カメラ用スタッフ宿泊費※実費精算となります。
【機材オプション】- モバイルWi-Fi 端末オプションプラン内容
モバイルWi-Fi 端末(WiMAX 2+)遠隔講演をされる講演者様(又は座長/司会者)の配信環境に十分な回線速度が確保されていない場合に必要となります。
※配信会場用のWifiではございません。
【スタッフ手配オプション】-MCオプションプラン内容
MC(司会)手配女性MC(男性MCも手配可)を手配させていただきます。
MC(司会)交通費※実費精算となります。
MC(司会)宿泊費※実費精算となります。
【スタッフ手配オプション】-進行ディレクター(講演者サポート)オプションプラン内容
進行ディレクター(講演者サポート)講演者のアテンド・サポートをいたします。講演会場のお越しになる場合:講演者のアテンド・機材サポートをいたします。
遠隔講演の場合:配信当日に講演場所にお伺いし、進行ディレクターが配信のサポートをいたします。
進行ディレクター(講演者サポート)交通費※実費精算となります。
進行ディレクター(講演者サポート)宿泊費※実費精算となります。
【制作物作成オプション】-進行台本オプションプラン内容
進行台本作成※画面切り替えのタイミングや司会者の発言内容を記載いたします。Webinarをスムーズに進行するために必要な台本となります。
※会場に座長(司会者)と講演者様がいらっしゃる場合は制作されることを推奨いたします。
【制作物作成オプション】-アンケートオプションプラン内容
アンケート作成参加者用のアンケートフォーム(Google form / Microsoft forms/紙面)を作成させていただきます。
【事前お打ち合わせオプション】オプションプラン内容
事前お打ち合わせ(遠隔)配信ツールを使用して遠隔にて事前お打ち合わせをさせていただきます。
【当日お問い合わせ対応オプション】オプションプラン内容
参加者電話対応(当日)お問い合わせ電話番号を設置させていただき、本番配信時間の2時間前から本番終了まで、電話対応をさせていただきます。
(配信用URLを開けない・質問できないなど)
【運営サポートオプション】
運営ディレクター
運営アシスタントディレクター
運営スタッフ
運営資料(簡易運営マニュアル)
運営備品(文具、誘導サイン他)除菌系備品をご要望の場合は、別途費用が発生いたします。
運営ディレクター/運営アシスタントディレクター/運営スタッフ出張交通費
運営ディレクター/運営アシスタントディレクター/運営スタッフ出張宿泊費